123456789101112131415161718192021222324252627282930
2018-05-05 (Sat)
会場設営から祝賀お茶会までの長丁場でしたが、無事に終了しました。
スペースまでご挨拶にいらっしゃった皆さま、お茶会で快く輪に加えてくださった皆さま、いつもの皆さま、本当にお疲れ様&ありがとうございました!



今回のスペースレイアウトはこれ。
自分的にはかなりシンプル配置と思いますが、いかがでしょうか。
ちゃんと後列のものも売れていたので、私としては一安心です。
ペーパーを入れているカゴが最近コウペンちゃんと邪エナガちゃんの住処になっていたので、カゴと一緒に連れてきちゃったのですが、沢山の方になでなでされてまんざらでもなかったようです。



戦利品。
いつもお世話になっているところの本だけで手一杯になってしまうのが最近の悩み。

今回はwoRksも15周年ということで、おめでとうの気持ちと共に色々と考えさせられたり。
でも今日はまずはまっとうな人間の営みが送れる程度に回復したいご老体。シンプルなレポで終了とさせていただきます。
| 同人活動 | COM(0) | TB(0) |
2018-04-29 (Sun)
the woRks original 36

【日時】
2018年 5月4日(金)
OPEN11:00/CLOSE15:00

【会場】
札幌市民ホール2F 第1・2会議室

一般参加:入場料 300円
※終了後に祝賀お茶会があるそうです。
詳しくは公式ブログ



今回も参加させていただきます。
きゆるんねっとのスペースナンバーは41。



この看板が目印です。
場所は一番手前の通路の右奥。



このピンクのマーカーのところです。


新作というにはおこがましい感じがしますが、
要望があったので看板絵のポストカードを少量用意してみました。



ポスカ配布をやめてペーパーにしたところからにしたら、見事に美琴ちゃんだらけですね。
古いインクジェットプリンターでの印刷なので画質はお察しですが、きちんとした光沢紙を使用したのでピカピカしています。
一枚100円。


夢幻ちゃんとウリルが出会う前の話が読める「そして、前へ踏み出していく」丁度在庫が切れまして、再版に合わせて二冊を統合し文庫版にリメイクしました。



なんと、表紙とそのイラストを利用した二人の紹介イラスト以外は全て描き直し。
結果的に10枚くらい描くことになったので、以前の本をすでに所持している方にも見てもらいたい仕上がりになりました。立ち読みで全然良いので、是非見ていって下さい。
内容サンプル、ちょっとだけだけど置いておきますね。
A6/148ページ 400円です。




他、いつもの既刊を持っていきます。
よろしくお願いします!
| 同人活動 | COM(0) | TB(0) |
2018-02-11 (Sun)
毎度ながら遅くなりましたが、先日2月4日に開催されましたwoRksさんのアフターレポです。
雪まつり記事は期間が終わってからにしますね。



今回のスペースはこんな感じ。
棚が高すぎると接客がしにくいという問題がありまして、後列はほんのちょっとだけ高さを上げて視認性を重視する方向に変えてみました。そんなに冊数あるわけでもないですしね。



パンフレットとお楽しみ抽選会で当たったドラゴン。
以後、当サークルの看板ドラゴンになる予定です。
シンプルながらも線のタッチが素敵なこの表紙を描いた方は何と次回の表紙も当選。前代未聞の状況に主催から「拒否権あるよ」と言われながらも次回も描く事を快諾してくれたそうで。次回の表紙も楽しみだー。
ちな、中表紙は今回の私のお隣かつ私が大好きな初月煌のみれかちゃんでした。こちらも大変素敵なイラスト…!

今回のイベントは新刊なかったのですが、立ち寄ってお話してくださった方、うちの子が好きと言ってくださった方、お買い上げいただいたあげく感想までくださった方(神!?)などなど沢山の皆様にお越しいただいたおかげでペーパーは完売。売上も良好でした。ありがとうございます。
あと、看板絵が好評で「ポストカードを作らないのか」という声もありましたので、看板絵からいくつかピックアップして少し作ってみようかなーと思いました。

以下、戦利品を上げておきます。



風鳴月さまのいつものペーパーとかラミカとか。桜のストラップはすごく悩んだのですが、両面きちんと丁寧に作ってあって可愛かったので購入。せっかくなので常に持ち歩いているようなものに付けようと思って、今はメモ帳に付いています。特典くじは千乃ちゃん。今きゆみさんはトラ推しなのでそのラブな相手の千乃ちゃんが当たったのはある意味運命あるよね。
アステールの商人も、書き手、イラスト、製本と豪華すぎるので楽しみでしかない。

群青が凪ぐさまの平野さん本。平野さん写真集欲しいってずっと思っていたので嬉しい一品。ぱら見したけど、癒された。

林檎と窓さまのバレンタイン小説。プラさんの小説センスはものすごいとの評判だったので読んでみたく一冊いただいてきました。

ぷらんたんさまのREWRITEお試し本。前のお話を読み終えてからなかなか手を出す余裕がないんですよねーと話していたらいただいてしまいました。次回は買えるといいなぁ。



そらにうたうさまの本はいよいよ完結。全涙腺が崩壊した。是非読み直して感想送りつけたい。結局きゆみさんは最後までチロル推しだったのであの最後は良かったですありがとう。

石油危機さまの油彩解説本第二弾。オイルの擬人化っていう発想が面白い上、みんな個性的で今後の活躍が期待できそうです。メインを張ってるリンシードオイルさんが私の好みど直球。ノベルティのチロルチョコもかわいい。

アステロイドさまの羅神絆と8*beatさんとの合同衣装交換本。ランダムマグネットはルーイ&メハヴィアさん。しおりはレックスを選ばせていただきました。何気に和服似合うレックス。お互いの良さが出ている漫画本で、合同誌…イイ!って思いました。羅神絆はプレビュー版も持っているので中身読むのは後回しになっている。



そらうた完走記念にぴーすけさんのしおりをいただいていたのですが、こっちの本はさめていたのでここにひょっこりはん。

海沿い無人駅さまの夢に溺れる3。コンスタントにこのクオリティの本が出せるのはすごい。お題短編ものなので、合間にちまちま読みます。

青布かぶりさまの小説本。がっつりファンタジーぽいのと、本の厚みに惚れて。ゆっくり読ませていただきたいやつ。

初月煌さまの新刊。相変わらず丁寧な手作り本。手作りならではの装丁で、表紙を開けたらびっくりするやつ。

鯨岬の空さまの竜と孫娘2。1とこの巻の1章までが無料で読めるのですが、完全に続き読みたいですありがとうとなり無事購入。読むのが楽しみ。

美声毒歌さまの少女と王女と逃避行3。2で騎士の人が色々と面白かったのですっかり読むのが楽しみなシリーズに。小説本としては大きいサイズですが、その分挿絵イラストが引き立っています。

鎖国さまの小説本。ある意味今回一番楽しみにしていたやつ。手製本のクオリティはまだまだ伸びしろが感じられるけど、初めてにしては良くやった感すごい。本当期待してる。読もうと思ってかばんに入れてあるんだけど、まだ読めていないんだ。読みます…


改めて関係者各位、お疲れ様でした&ありがとうございました。
次回は5月4日、the woRks original 36です。
それまでに色々準備しないとなぁ。
| 同人活動 | COM(0) | TB(0) |
2018-01-21 (Sun)
the woRks original 35

【日時】
2018年 2月4日(日)
OPEN11:00/CLOSE15:00

【会場】
札幌市民ホール2F 第1・2会議室

一般参加:入場料 300円


今回も参加させていただきます。
公式ブログはこちら


きゆるんねっとのスペースナンバーは39。
この看板が目印になります。

woRks35看板用

場所は入って左奥。

woRks35配置図

新しいものは特にありません。
相変わらずペーパーだけは作る予定ですので、是非遊びに来てくださいね!
| 同人活動 | COM(0) | TB(0) |
2017-10-10 (Tue)
参加してきました。

なんと数日前に風邪をひいてしまったきゆみさん。
養生に努めたものの完治するはずもなく。
準備も最低限。行くと言っていた会場設営も撤収もキャンセル。全力を出せないイベントとなってしまいました。
そういえば去年のwoRksハロウィンも風邪をひいていましたね。
何かの呪いだろうか。こんちくしょう。

ということで、サークル入場時刻をちょい回ったところで会場入り。



風邪でレイアウトのリハーサルができなくて不安もあったものの基本的にれみむらと同じです。さくさくと設営完了。
時折咳が止まらなくて死にそうになったりしていましたが、みなさまのおかげで無事楽しい一日にすることができました。
新作のウリルさん本も全てお嫁(?)に行き、旧作を購入された方もいらっしゃり、終了時にはスペースがすかすかになっていました。
ペーパーも残り1枚でちょうどよかったですね。

お声かけいただいたみなさま、大変ありがとうございました。

戦利品は、事前に買おうと思っていたものを中心に。
ゆっくり読ませていただきますね。
(しばらく積まれるという説もありますが)



今回一番のサプライズは、高校時代の先輩が来ていた!ということですね。
偶然友人のお手伝いで久しぶりにイベントに来たとのことでしたが、当時から変わらない私のPNに気付いて声をかけていただけました。
ぶっちゃけうちの夢幻ちゃんとウリルは、当時の部誌に載せるために生まれたキャラだったので、まぁ、わかるよね。
woRksというイベント自体もそうなのですが、離れても帰ってこれる場所。
私もそんな存在になれるとよいなぁ。そう感じた一日でした。
| 同人活動 | COM(0) | TB(0) |